男子大学生の中絶体験記

ABORTION-NOTE

Abortion-note

これは、僕が大学生の時に、彼女の人工妊娠中絶手術をともに体験した時のエピソードをもとに書かれたブログです。男性の視点で、中絶について書かれたブログが極端に少なかったため、書くことを決めました。

少しでも参考になれば幸いです。

Episode.01 妊娠発覚

Episode.02 親への告白

Episode.03 産むための準備とおろすための準備

Episode.04 最初の決断

Episode.05 手術前夜の自殺未遂

Episode.06 二度目の決断

Episode.07 中絶手術

Episode.08 失った自分のアイデンティティー

Episode.09 別れ

Episode.10 中絶したことへの後悔

NHKでドラマ化した「中絶」の仕事を学べるマンガ『透明なゆりかご』

 
透明なゆりかご第1巻
この記事を書いている人 - WRITER -

人工妊娠中絶や出産について学べるマンガ『透明なゆりかご』がNHKでドラマ化し話題になっています。

著者本人が高校生の時にアルバイトで産婦人科の見習い看護師として働いた際のエピソードをもとに書かれたマンガです。

作者は、漫画家の沖田×華(おきたばっか)さん。

僕も先日読んでみたところ、とてもおもしろかったので今回は『透明なゆりかご』についてご紹介します。

『透明なゆりかご』のあらすじ

1997年、看護学科の高校3年生の×華は母親のすすめで産婦人科院の見習い看護師として働くことになる。

子供が苦手なのに加え、中絶の現場やその後処置を体験して一時は辞めそうになるが、出産の現場に立ち会い生まれる命の力強さに感動し、仕事を続けていく決意をする。

輝く命とひっそり消えていく命。

その重さは違うのだろうか?

透明なゆりかご ~産婦人科医院 看護師見習い日記~ 沖田×華|Kiss | 講談社|講談社コミックプラス

透明なゆりかごヘッダー

 

『透明なゆりかご』のおすすめポイント

①ゆるいイラストで読みやすい

マンガの表紙のイラストからもわかる通り、ゆるいテイストのマンガです。

ほんわかした可愛いイラストだからこそ、中絶という重たいテーマでも多くの人から人気が出たのではないかと思います。

リアル過ぎる演出などもあまりないため、どなたでも読みやすいかと思います。

 

②いろいろな出産と中絶の事例を学ぶことができる

本当に、様々な理由で、中絶を体験する人がいるということを学ばされます。

中絶について勉強しようと思うと、小難しい専門書や重すぎる内容が多くて気持ちが落ち込んでしまうことが多いのですが、このマンガはとても前向きな気持ちで中絶について勉強できたので僕にとってはとてもありがたい内容でした。

透明なゆりかご第1巻

 

Amazonでも、200件のレビューで星4.7と大好評

Amazonのレビューでも非常に高い評価コメントが目立ちます。

200件の評価がついて平均が星4.7という、驚異的な評価の高さです。

Amazonレビューが高評価!

具体的には、以下のような感想が書かれていました。

感動
このまんがは新しい切り口で命について、考えさせられる、凄くて内容のある、漫画、感動と涙と共感がギッシリつまっている漫画、ありがたいです❗ズーとシリーズで続いて下さい❗

命について考えさせられました
普段触れることができない世界を垣間見ることができて興味深い内容でした。
それとともに命の大切さや人それぞれのドラマを感じられ、勉強になりました。

NHKのドラマを見て読んでみようと思いました。
女は命を産み出せるものとして、性を考え、自分の状態を考え、そして、命を育てるものとして、愛情と責任がいると言うことを、真摯に改めて感じました。

 

ドラマ化しNHKで放映中!

『透明なゆりかご』は今年ドラマ化し、2018年7月20日よりNHKで放送されています。

ドラマを通して原作のマンガを知り、読んでみたという人も多いようです。

透明なゆりかごドラマ画像

 

漫画家 沖田×華さんの意外なプロフィール

2018年に『透明なゆりかご』のドラマ化が決まり大ブレイクしている沖田×華(おきたばっか)さん。

しかし、漫画家になるまでの道のりはとても険しかったようです。

『透明なゆりかご』にあるように、最初は看護師として仕事をしていましたが、風俗に転身し、その後たまたまの縁で漫画家になったそう。転職した原因の1つは小さい時から持っていた発達障害。

ご自身の発達障害や仕事について語った『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』も2012年に発売しています。

 

透明なゆりかご第1巻

透明なゆりかご / 沖田×華

看護学科の高校3年生の×華は母親のすすめで産婦人科院の見習い看護師として働くことになる。中絶の現場やその後処置を体験して一時は辞めそうになるが、出産の現場に立ち会い生まれる命の力強さに感動し、仕事を続けていく決意をする。「多くの人に教えたい、読んでほしい」回を追うごとに読者からの反響が大きくなっていった感動作、いよいよコミックスで登場!

 

毎日やらかしてます。

毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で / 沖田×華

「もう帰っていい! 」と怒られれば即座に帰宅!? 予定がひとつでも崩れると1日寝込む!?
職場で、自宅で、オフ会で…自身の周りはいつもハプニングの連続!!
さまざま発達障害をもつ沖田×華が、大人になってからの自身と発達障害とのかかわり方、失敗談などを描く笑えるコミックエッセイ!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ABORTION-NOTE , 2018 All Rights Reserved.